無茶苦茶でござりまするがな

怠惰なる日々、ふと思い付いた落書きメモ

ワタシには好きな詩がある『さようなら』谷川俊太郎 作【文學的】

 

この世には「謎の職業」というものがあります。

 

例えば、「CIAのエージェント」とか、めっちゃ謎すぎる。秘密諜報機関のイーサンとか、存在自体がミッションインポッシブルだね 。職業欄には、彼はいったいなんて書くのだろうか?う~む、「団体職員」とか?

 

そしてもっとも不思議なのは、「詩人」という存在。いったいどこからお金がもらえるのか、まったく謎だ。いやいや、これは職業なの?

 

英国の詩人ウィスタン・オーデンが、講演で詩人とは何か?を解説している『それをひとことでまとめてみると、詩人には世俗を超えた聖なるものを感じる感受性と、それを美しい儀式にして表現する能力が必要である。詩人に詩を書こうという衝動が起こるのは、想像力と聖なるものとの出会いからです』え~と…何いってんだか、分かりませんね。

 

この一般人の「理解を超えた存在を“詩人”と呼ぶ」のかもしれないね。シャバを超越した人類。うん、キットそうなのだ。

 

わたしに、いちばん「心に刺さった詩」があります。

 

イチバン好きな詩『さようなら』谷川俊太郎

 

「さようなら」

 

ぼくもう いかなきゃなんない
すぐ いかなきゃなんない
どこへいくのか わからないけど
さくらなみきの したをとおって
おおどおりを しんごうでわたって
いつもながめてるやまを めじるしに
ひとりでいかなきゃなんない
どうしてなのか しらないけど

 

f:id:minminzemi81:20190424135836j:plain

 

おかあさん ごめんなさい
おとうさんに やさしくしてあげて
ぼくすききらい いわずになんでもたべる
ほんもいまより たくさんよむとおもう
よるになったら ほしをみる
ひるはいろんなひとと はなしをする
そしてきっと いちばんすきなものをみつける
みつけたらたいせつにして しぬまでいきる
だからとおくにいても さびしくないよ
ぼくもう いかなきゃなんない

 

 

▷こちら矢野顕子さんの『さようなら』です。

youtu.be

 

谷川 俊太郎 たにかわ しゅんたろう、1931年12月15日~。

日本を代表する詩人であり翻訳、絵本、脚本家。東京都出身。作品は数多くの国々で、翻訳出版されている。いまや世界的な詩人となった。谷川は『詩というのは、書いた以上他人のもの』という。売詩により金銭を得るのはよしとはしないが、必要最低限の著作権を守り、生活のお金を得たいと考えている。それは「いい詩を書こう」とか「将来に残る詩を書こう」ということよりも先に「どうやって金を稼ぐか」が、大問題だった過去の経験から。一日一食を実践し、夜はセブンイレブンの「玄米ご飯のレトルトパック」を中心とした食事をする。詩はノート型のマックで、居間や書斎で書くという。「セブンの玄米ご飯🍚」をセレクトするあたり、さすが詩人である『一日に玄米四合と、味噌と少しの野菜を食べ』…という設定ですね。

 

(1100文字、thank you for reading.)