無茶苦茶でござりまするがな

怠惰なる日々、ふと思い付いた落書きメモ

ホントにあった、世にもお馬鹿な「BL級爆弾💥物語」【マジっすか?!】

オラ、「オカマ爆弾(gay bomb)」をかんがえたぞぉ~!!

米空軍研究所が本気で、ですねぇ「催淫性非殺傷型化学兵器」という、まぁひらたく言えば⇒通称「オカマ爆弾」を考えていたらしい。
 
ことの始まりは、1994年にオハイオ州にある「ライト・パターソン空軍基地」(UFO案件でお馴染みの場所)にて「非殺傷型化学兵器の多角的な可能性」なるものの一文がまとめられました。
 
この文書によれば、敵部隊に“強い催淫剤爆弾”を投下して
「敵部隊兵士に同性愛♡行動」
を起させ“敵部隊をたちまちに混乱”に陥れるという「世にもオトロしい兵器」なのでありました。そして「完全に非殺傷である!」と胸を張っているのだ。イヤイヤ、それってどうかと思ふ。

f:id:minminzemi81:20190520031308p:plain

「やい、オカマ野郎!」「なっ、ナニよぉ~♡」
さらに驚いたことにですね。このオカマ爆弾兵器は、1994年より“六年にも渡り研究継続”されたのち、結局放棄されたという。
いったい“どこの国に使うつもり”だったのか??
 
そして二十一世紀を目前に控え「ヒトをオカマにする薬なんか無い」コトに、ようやく気づいたらしいのです。←ハナから気づけよっ! 
当時、空軍研究所は、この開発に何と“750万ドルもの予算を要求”したといいます。もし万が一、完成していたらあちらコチラの戦場で、オゾマシイ光景?!「Wow…♡」となったことでしょう…怖。コワすぎる!
 
戦争反対!
 
しかしワンピースの「イワンコフ」を見る限り、「オカマ戦士✨最強」カモしれぬワイなぁ。
 
「奇跡、ナメめんじゃないよォ~!!!」

(※よ~く考えてみると“架空計上の疑い”もあり、ならばその金を何に使った?!また、オカマ爆弾を研究した空軍研究所には、2007年10月にイグノーベル平和賞が贈られています)

 
(800文字、thank you for reading.)