無茶苦茶でござりまするがな

怠惰なる日々、ふと思い付いた落書きメモ

ホントにあった、世にもお馬鹿な爆弾💥物語 その壱【マジっすか?!】

オラ、「オカマ爆弾(gay bomb)」をかんがえたぞぉ~!!

米空軍研究所が本気で、ですねぇ「催淫性非殺傷型化学兵器」という、まぁひらたく言えば⇒通称「オカマ爆弾」を考えていたらしい。
 
ことの始まりは、1994年にオハイオ州にあるライト・パターソン空軍基地にて「非殺傷型化学兵器の多角的な可能性」なるものの一文がまとめられた。
 
この文書によれば、敵部隊に“強い催淫剤爆弾”を投下して「敵部隊兵士に同性愛♡行動」を起させ“部隊をたちまちに混乱”に陥れる、という「世にもオトロスゥイ~兵器」なのでありました。
そして「完全に非殺傷である!」と胸を張っているのだ。

f:id:minminzemi81:20190520031308p:plain

「やい、オカマ野郎!」「なっ、ナニよぉ~♡」
さらに驚いたことにですね。このオカマ爆弾兵器は、1994年より“六年にも渡り研究継続”されたのち、結局放棄されたという。いったいどこの国に使うつもりだったのか?!
 
二十一世紀を目前に控え“ヒトをオカマにする薬なんか無い”コトに、ようやく気づいたらしいのです。←ハナから気づけよっ!
 
当時、空軍研究所はこの開発に、何と“750万ドルの予算を要求”したといいます。
 
もし万が一、完成していたらあちらコチラの戦場で、オゾマシイ光景?!「Wow♡」となったことでしょう…怖。コワすぎる!
 
戦争反対!
 
追記/しかしワンピースの「イワンコフ」を見る限り、「オカマ戦士✨最強」カモしれぬワイなぁ。「奇跡、ナメめんじゃないよォ~!!!」

鉄道唱歌 第五集 四十二番 五條駅から隅田駅へ【鉄道覚書】

和歌山線 鉄道唱歌の旅、五條より発車しま~す、出発進行!

f:id:minminzemi81:20190309025110j:plain

C58 運転台

四十二番 歌詞♪『終われば起こる鉄道の 南和と紀和の繋口 五條過ぎれば隅田より 紀伊の境に入りにけり』

①南和鉄道は奈良県の私鉄で、現在のJR西日本和歌山線、高田~五條間」を運行していた。後に関西鉄道が買収し、さらに国有化される。

②紀和鉄道は和歌山県の私鉄、現在のJR西日本和歌山線、五條~和歌山(現紀和)駅」を運行していた。こちらも関西鉄道が買収、さらに国有化された。

③このふたつの路線を取りまとめていたのが五條駅。そこから西につづく隅田駅(すだえき)は、紀州入りの最初の駅となります。

f:id:minminzemi81:20190327101639p:plain

紀和鉄道 路線図

○紀和鉄道創立時。本社は奈良五條町にありました。また出張所が和歌山市に置かれました。全線開通後には、和歌山市嘉家作町(現紀和駅)に本社移転。地元の活性化に繋がりました。

 

五條にあった「国鉄五新線の遺構」について 

五条市街にはコンクリートのアーチ橋がある。開業することなく終わった「国鉄五新線」の構造物です。ここ五條市から紀伊半島の山々をはるか越えて、南端の和歌山県新宮市まで路線計画されました。

紀伊半島を鉄道で貫く大構想はその後も建設工事が進められたが、1982年に採算が見込めないことから工事が凍結され、結局列車が走ることなく五新線計画は断念、放棄されることとなりました。遺構がいまも残ります。

f:id:minminzemi81:20190509101220p:plain

五條駅 周辺地図

○五條といえば、地元では名高い武将「松倉重政」がいました。“五條新町”を開発した殿様だったそうです。詳しくは、こちらのブログをご覧ください。

minminzemi81.hatenablog.com

 

♪『隅田より紀伊の境に入りにけり』駅舎に不思議な萌え絵が書いてある、隅田駅に到着 

○ 隅田駅舎のユニークな絵は、近くの隅田中の生徒が描いたもの。いまや名物となっていますね。古い国鉄駅舎のイメージ遺す、なかなかイイ駅ですね。

○隅田八幡神社がある。国宝 「人物画像鏡」(現物は東京国立博物館) で有名な神社です。この神社にあるのは、巨大なレプリカですが。

○それでこの銅鏡の縁廻りに「謎な文字列」がある。実はこの“古代の暗号”どっから読み始めるのかすら解らないのです。

f:id:minminzemi81:20190511152645p:plain

人物画像鏡(国立博物館)

○銅鏡 文字列『癸未年八月 日十大王年 男弟王在 意柴沙加宮時 斯麻念長寿 遣開中費直穢人今州利二人等 取白上同二百旱 作此竟』

○訓みが『癸未(みずのとひつじ)の年八月 日十大王の年 男弟王が意柴沙加(おしさか)の宮の時 斯麻(しま)が長寿を念じて 開中費直(かわちのあたい)穢人 今州利の二人らを遣わして 白上同(上質の銅)二百旱にて この鏡を作る』とよむらしいのですが。

※「癸未年」は、西暦503年が妥当と思われ。「斯麻」は百済武寧王(502年~523年)とすると、倭国王へこの鏡を贈ったか。では鏡を贈られた「日十大王」の「男弟王」とはいったい、誰なのか?

○<主祭神>誉田別尊 足仲彦尊 息長足姫尊 橋本市須田町垂井622番地、隅田駅下車約20分。駐車場あり

f:id:minminzemi81:20190509101313p:plain

隅田駅 周辺地図

奈良と和歌山の国境線「真土」とは?

○古代から“大和と紀伊の国境”を分ける真土山があり、そこを流れる川として「落合川」がありました。

○この川の両岸に大きな岩が張り出し水量が落ちる時期には、ひとまたぎで川を渡れるようになっていました。

○それで川の両岸にある大きな岩を「真土の飛び越え石」この場所を「真土の飛び越え」と呼ぶようになったのです。

○JR隅田駅から徒歩で約15分。24号線に近く、山へ100メートルほど入る、入口付近に駐車場あり。

 

明治三十三年に出来た『鉄道唱歌

○日本一歌詞が長い歌として有名だった。鉄道唱歌といえば『汽笛一声 新橋を~』の歌い出しで有名ですが、実は一集から五集まであります。

○また、歌詞違いの別編も沢山存在しているようです。

○この歌の特徴は、七五調でテンポよく「沿線の地理・名勝巡り」が出来ること。その当時の日本各地に出来た主要沿線を網羅し、ずいぶんなスグレものでした。

○この「鉄道唱歌」の歌詞本は、大正初期までの二十年間に、二千万部も売れたといいます。自由気ままに旅行出来る現代と違い、明治人はこの歌に旅情を馳せていたことでしょう。

鉄道唱歌 第五集では、一番の歌詞『汽車をたよりに思い立つ 伊勢や大和の国めぐり 網島いでて関西の 線路を旅の始にて』大阪は網島から鉄道旅は始まります。

鉄道唱歌第五集/関西、参宮、南海編

YouTube

○そして奈良から和歌山へと、ぐるりと巡り再び大阪へ戻ってきて、この鉄道旅行は終ります。当時の旅情を、感じで頂けたら幸いです。

 

(2000文字)

温故知新の精神で「平成元年」を振り返ってみましょうか【平成ヒストリア】

f:id:minminzemi81:20190502155838j:plain

桜咲く四月一日のこと

はい「令和元年」が始まる前に…すっかり忘れていましたが「平成元年」はまさに<<衝撃的💥スタート>>だった!!のです

f:id:minminzemi81:20190415123805p:plain

平成とはなんだったのか

○1989年1月7日に昭和天皇崩御

小渕恵三官房長官が新元号の「平成」を発表

翌1月8日から平成時代が始まる。

 

○2月4日。意外や意外、

この日から「週休二日制」がスタート!!

 

○2月9日。天才漫画家✨手塚治虫氏が、

胃がんのため60歳で死去す。

 

○4月1日。初めて消費税が施行され

「消費税 3%」がスタート!

 

○4月27日。パナソニックの創業者

「経営の神様✨松下幸之助はん」が、94歳で亡くなる。

 

○5月13日。ロッテのマサカリ兆治こと

村田兆治投手が200勝✨」達成!!

 

○6月4日。中国北京 天安門広場にて、

人民解放軍が一般市民を武力弾圧する

天安門事件😱」がおこる。

 

○8月26日。あのナマズ殿下(秋篠宮)が何と

「川島紀子さんと婚約♡」と、電撃発表した!!

 

○9月1日。業界大手「ジャスコ」グループが

「イオン」グループとなった。

 

○10月29日。日本シリーズで何と

近鉄が巨人に、三連勝のち四連敗」で

日本一のがす。😲ぁぁぁ!

 

○10月31日。三菱地所アメリカの

ロックフェラーセンター」を買収した!

 

○11月9日より。ドイツの「ベルリンを東西に分断する壁」を、

両側の市民が自由に通行し始めた。

ベルリンの壁が崩壊」す。

 

○12月3日。米ブッシュ大統領

ソ連邦ゴルバチョフ議長が

「冷戦終結を共同宣言!」する。

 

○12月29日。東証大納会日経平均株価は、

シャン👏シャンの「史上最高値の38,957円44銭の記録!!」

日本経済世界を征するか?!

 

付記/この翌年には、まさかの「バブル崩壊へと、ひた走る🏃💦」ことに。日経平均株価は1989年12月29日に、最高値38,957.44円、終値38,915.87円を付けました。翌1990年10月1日には一時二万円割れを起こし、わずか九ヶ月で約半分まで下落。沢山の泡あわが弾け飛びましたっ!

以上、平成元年の主な出来事、「ビックリしたなぁ~😅もう」でした。

 

(900文字)

四月一日のこと、『令和』が新しい元号と決まりましたが、これ大丈夫なの?【元号考】

元号は『令和』と発表した。萬葉集から文字を採録したと云うが、昭和と何が違うのか?音やイメージが、妙にダブるからね。実際どうなんだろね?ふと思ったのは「令」この文字にはいいイメージが湧かないこと。例えば、命令、号令、指令、と嫌な感じ、ほら昔から“律と令はセット”だからさ。でも書きやすいのはまぁ、イイ点なのかな。

f:id:minminzemi81:20190401135855p:plain

官房長官が発表した

これほんとに国風元号と呼んでいいのだろうか?

発表前、出典は萬葉集が有力と云うから、思っ切り雅な和風で名ずくと想っていた。すくなくとも“萬葉集内の歌”から採録するのが普通だろう。ところが新聞記事(以下に引用)に拠れば何のことはない、序文の漢文体から採録したという。

f:id:minminzemi81:20180211084704p:plain

萬葉集の世界観とは

『令和の文字を引いたのは、万葉集巻五に収録された梅花の歌の「序」この梅花の歌は32首あり、大伴旅人を中心とするグループが詠んだとされる。漢字の音だけをあてて表記された「歌」と違い「序」は表意文字としての漢字を使った漢文体であることも出典として適していた。

初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉をき、蘭は珮後の香を薫らす

『令月』とあるのは『素晴らしい月』という意味。まさに天皇の代替わりに伴う季節感と、平和を謳歌しているというイメージを受ける」「令」には「令嬢」「令息」といった言葉に使われるように「よい」という意味がある。また「令」の漢字の構造は、ひざまずいている人に申しつけているという形で「命令」の意を含む。このため、令和を漢文調にすると「和たらしむ」とも読める』

(引用 日本経済新聞2019/4/1付)

要するにハナから漢文ありきだったんだ、結局のところはねぇぇ。萬葉集は“単なるカムフラージュ”に使っただけなんだ。このことに一体なんの意味があったのか??

 

やはり「令」の文字には大変な意味合いがあった

ウキペディアの「律令」のページにはこう書いてあったぞ。『秦、漢においては「令=詔」※であり“令”は皇帝の命令(詔)を指し“律”は個々の詔(令)の文中に盛り込まれた規範的部分のみを指した。』と言うこと。(※『史記』秦始皇本紀)

これ要するに「詔=命令」されたなら、謹んで「承れ=和せよ」という意味にとれる。「令和」には、なんだか“きな臭いモノ”を感じる。まるで「王政復古」じゃないか?!

…穿ちすぎかしら??

 

 平成元年は、激動の幕開けだった! 

minminzemi81.hatenadiary.jp

付記/NHKニュースより(2019年4月2日付)

○新元号の選定作業で、政府が示した六つの原案すべてが明らかになり、新元号に決まった「令和」以外は「英弘(えいこう)」「久化(きゅうか)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」の五つの案でした。

○「令和」の考案者は関係者の話などから、万葉集が専門の国文学者、中西進氏とみられます。

<説話> 雪ん子伝説 【日本民話】

民話「雪ん子」伝説とは、待ち望んだものと一緒に暮らす幸せを雪のように儚く、幻想した話だという。この話は小さな女の子に降りかかるであろう数々の、厄災をも暗示しているのではないだろうか。捨て子、いじめ、神隠し等々。さてさて、十歳のゆきちゃんはどうなったか。

【雪ん子】 

むか~しむか~しあるところに、子供のいない夫婦がおった。二人は毎日毎日お宮さんへお参りしては「どうか子供をお授けください」と願かけをした。

ある日のこと、雪がしんしん降る日にお宮さんにお参りしたら、拝殿の横から「オンギャ~オンギャ~」と赤ん坊の泣き声が聴こえた。

f:id:minminzemi81:20190321190909j:plain

雪のしんしん降る参道

まわりこんで見ると、かわいい女の赤ん坊が置いてあった。

「ありゃ~これは神様が願いをかなえて下さったのや」

「そうや、ありがたいこっちゃ」

ふたりは我家に抱いて帰り、子供の名を「雪」と名付けた。

雪はすくすくと育って、それはそれはきれいな女の子になった。でも普通の子供とは少しだけ違い、変ったところもあったそうな。

雪は寒い日が来て雪が降ると元気にはしゃぎまわるのに、夏の暑い日が続くと家の中に閉じこもってまったく元気がなくなってしまう。

ふた親は「神さまから授かった子じゃ。そりやぁ並の子らとちがっているやろ」と気にもしなかった。そして雪は、十才になった。

f:id:minminzemi81:20190321191307j:plain

むら祭りの日

村祭りの晩のこと「雪ちゃん、お宮さんのお祭りに行こう」友達が誘いに来たので、雪はきれいなべべを着せてもらってみんなと行った。お宮の境内では松明がたいてあって、その松明の上を飛び越えたら達者になるという。みんな走って行って松明の上を飛び越えておった。

「早よ雪ちゃんもとび、跳んだら達者になるでぇ」

みんなは口々にそう言って雪をけしかけた。

「いやや、わたしは跳ばん」

雪は松明から離れたところに立って、火をさけるようにしてた。

「雪ちゃんのいくじなし。これくらいよう跳ばんのかぁ」

皆は、やいやい言うてはやしたてた。

雪にはそれがつらくて飛んでみる気になった。

走って行って松明の上をパッと飛んだ。

そのとたん「パアッ~」と湯煙があがって、雪の身体が消えてしもうた。 

「あれ?! 雪ちゃんがおらん、消えてしもた…」

「ほんにどこ行ったんやろっ!」

「雪ちゃん、雪ちゃ~あ~ん!」

f:id:minminzemi81:20190318004209j:plain

和歌山市加太 淡嶋神社にある雪ん子

みんなは大声で呼びながら、あちこち探しまわったが、とうとうみつけられんかった。

「雪の中から授かった子やから、火にとけてしもたんやなぁ…」

皆んなは口々にそう言うて悲しんだ。

 

おしまい。

 

(1000文字)