無茶苦茶でござりまするがな

怠惰なる日々、ふと思い付いた落書きメモ

「首なしライダー」が走ります…ひぇ~!和歌山県、由良隧道トンネル【怪談話】

f:id:minminzemi81:20200819205315j:plain
思えばこの「由良トンネルの怪」をはじめて聞いたのは、小学生の頃だった。いまから何十年もむかしのコトですから、相当年季がはいっている怪談なのです。

地元に伝わる。恐怖の『首なしライダー』とは?

 

地元の噂話によれば…こうだ!

 

夜間に一台の乗用車が、旧道「御坊湯浅線」を走っていた。

紀州の山道のこと、あたりには人家もなく、真っ暗闇だった。

見えるのはヘッドライトが照らす、やたらクネった道路のみ。

やがて「由良隧道トンネル」にさしかかった。

トンネル内は、対向車がスレ違い出来ないため、スピードを緩めドライバーは前後を、用心しながら進入する。

 

トンネル中程まで来た時に、バックミラーにライトがひとつ映った。

 

 

後方からオートバイが一台、スピードを上げながら急接近してきたのだ。

 

 

 

やがて、その白バイが乗用車右側で並走する。

 

 

 

 

「いったい、なんだろう…何かあったか?」

 

 

 

 

ドライバーがたまらず、横を向いて見ると…白バイ隊員の首から上が無かったぁ~ぁ~泣💦

 

「嫌ぁぁぁっ~!!」

 

…………………………🚗😱💦…………………………

 

なんでも、ここで殉職した白バイ隊員がいたらしい。このトンネルの近くには古い「慰霊碑」があって、この「殉職した警察官」のモノという。しかし、ホントに白バイ隊員の慰霊碑だったのかな?

 

少し調べてみます。

 

トンネル内部には電灯もなく、水たまりも出来やすく、壁面も地下水で濡れている。でこぼこの荒掘りになっていて、まるで洞窟の感あり。

f:id:minminzemi81:20200831232539j:plain

でもこれ「隧道マニア」には、たまらない逸品と思いますね。入口頭上の「由良洞」の文字(見ずらいケド)も、何だか誇らしげです!

 

「由良隧道トンネル」は、明治時代の建築遺産

和歌山県の真中辺り、南北に走る「御坊湯浅線(県道23号)」ちょうど由良町日高町の境目に「由良隧道トンネル」があります。正式名称は「由良洞隧道」や「由良洞」ともいわれ、もしかすると現役トンネルでは、日本最古級かも知れません!

▷郷土資料には…

熊野街道は有田、日高の郡境に横たわる鹿ヶ瀬山の急勾配にはばまれ、人と牛馬の往来が困難であった。この街道を鹿ヶ瀬周辺で根本的に付け替え、由良回りの県道として完成されたのが、明治二十二年のことでした』

f:id:minminzemi81:20200819191347j:plain

くねった旧道の方が、由良隧道トンネル

 

「由良洞隧道」は、現在の県道「御坊由良湯浅線」にあり、阿戸から日高町池田へと抜ける「全長一三八・四メートル」の隧道。

『明治の県道「熊野街道」を由良回りに誘致したとき貫通したもので、工事には囚人なども動員されたと言われ、当時は郡内でも類を見ない早期の設置であった。昭和四十年の国道開通により通行量も激減し、現在ではほとんど人通りも絶えている』由良町誌より

 

この記事中で、気になったのは…

『…工事には囚人なども動員され…』という一文。

 

明治二十二年。まだ人権意識の低さから、落盤事故などの物故者の扱いも、ぞんざいだったのでは?それでトンネル工事現場近くに、適当に葬ったのではないかな?

それを哀れんだ心ある人々が『慰霊碑』を建立したとも考えられるではないか。しかし、それだと怪談がもっと怖くなるやん~💧だね!

 

▽入口はレンガ造り、レトロ感満載。機会あれば一度ご覧あれ!


YouTube

▷案件住所/和歌山県 日高郡日高町 大字池田。県道二十三号線。

 

 (1400文字、have a nice day!)  今週のお題「怖い話」

夏になると…必ず思い出す歌があります!【夏の歌】

 

拝啓、連日猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

f:id:minminzemi81:20200813200326j:plain

🌺もう、今年はギンギラギン!のナツ~ですね。

 

とても暑いっ 💦アツすぎるっ!ピーカン空!

散歩するだけで、頭がクラクラした。これでは、熱中症になります!

 

日本の夏はとかく蒸し暑い。なのにサラリーマンは、厚着しすぎ。

見るからに、むさ苦しいよ。

 

この際ねぇ「上をアロハ、下にステテコ」をリーマン正装とすべし!

ホント、そう思うよ!

「さすればじゃ、社内の風とうしも、良くなろうて」

いいこと言うやん!

 

あっ、思い出した!「Suteteko 履いたネーチャン」が、街をかっぽした少し昔の話。たしかユニクロが、流行らしたのだった。

 

そうそう、確かそうだった。

 

ユニクロ石田ニコルのCM。『夏は来ぬ』大好きな歌!

youtu.be

 

名曲『夏は来ぬ』が、このCMの脱力感をました。タイトルの「夏は来ぬ」は、文語体なので⇒「夏が、来たぁぁ~!」てな意味ですね。

 

歌詞中『卯の花ホトトギス、五月雨、早乙女、橘、蛍、楝、水鶏』いろんな夏の風物詩をこれでもかと、折り込んでいるところも、凄い。 

 

卯の花の 匂う垣根に
時鳥 早も来 鳴きて
忍音もらす 夏は来ぬ
 
さみだれの そそぐ山田に
早乙女が 裳裾 ぬらして
玉苗 植うる 夏は来ぬ
 
橘の 薫るのきばの
窓近く 蛍飛びかい
おこたり諌むる 夏は来ぬ

 

f:id:minminzemi81:20200813201115p:plain 

楝ちる 川べの宿の
門遠く 水鶏 声して
夕月すずしき 夏は来ぬ
 
五月やみ 蛍飛びかい
水鶏鳴き 卯の花 咲きて
早苗 植えわたす 夏は来ぬ

 

(700文字、Thank you. Enjoy the song!) 

今週のお題「夏うた」

日活「大出世物語」という、不思議な映画【昭和の名画】

 

オドロキの「小沢昭一」初主演!浜田光夫」新人で初登場!

 

<ざっくりとストーリー>

主人公の「六さん(小沢昭一)」は、リヤカーを引っ張り、紙屑を拾って生活している「屑屋」だった。毎日毎日「安井印刷株式会社」へ出向く「無遅刻無欠勤の働き者の屑屋」なのである。この六さんには、高校三年生の娘 高子(吉永小百合)がいて、その恋人が安井印刷社長のボンボン、安井健一(浜田光夫)だった。うわぁ~なんだかなぁ…設定。

f:id:minminzemi81:20200807111226p:plain

ある日、難題が持ちあがる。六さんが会社に出入りするのは“モグリ”であって、いままでは使丁長(差別用語?)が見逃していた。

ところがその人は停年退職となり、新しい「折原(木島一郎)」という堅物の使丁長が「これからは、六さんも広子も、二度と出入りしてはならんっ!」という。

六さんは、この会社へ出入りする「闇屋の日米商事社長 広子(渡辺美佐子)」と“犬猿の間柄”だったが、共通の問題「出禁」を抱えて、共闘をはじめる。仲直りの飲み屋の席では…

六さん「おいっ、千円で今晩どうだい?何ならあと、五百円出そう!」

闇屋広子「冗談じゃないよっ!そんな安モンじゃないよっ!」

こんな口説き方って、あるかぁ?ヒドすぎる<笑

翌日、まずは高子を使って、三万円の買収工作から回復作戦が始まる…。

(※「闇屋」戦後しばらくは統制価格の「配給品」だけでは、国民は生きられなかった。その一方で「相場価格」でいくらでもモノが手に入る「闇市」も存在し、そのヤミ市場で活躍した、通称 「やみや」と呼ばれる“企業行商人、テキ屋”がいた)

 

源氏鶏太の原作を、阿部豊が監督。

○日活映画、65分モノクロ、1961年の公開。

○ロケ地 江東区 亀戸 横十軒川べり一帯と想える。

 

屑屋が大企業社長となる、昭和時代の恐ろしさっ💧←映画やんっ!

 

▽昭和三十年代の印刷工場が興味深いね。凸版の拾い屋がいる。

youtu.be

▽唐突にハッピーエンディングを迎える。なんじゃそりゃ~?

youtu.be

~その後の展開を勝手に予想~

 

六さんの零細企業(河野商会)が仕掛けたM&Aで、大会社(従業員は130人)安井印刷の乗っ取りが成功した訳だが。わずか一千万円の株式で、代表権が手に入る企業体では「鼻くそ」レベルな気がする。

多分この後、イノベーション(業態転換)して、折原秘書を副社長に引き上げ「リサイクル産業」として発展していくモノと想われます。もちろん浜田光夫吉永小百合は、このあと仲違い必定(身分の違いから、笑)ですね!

 

参考出典/Nikkatu.com、ウキペディア (1000文字、Thank you. Enjoy the movie!)

 

ワタシには好きな詩がある『さようなら』谷川俊太郎 作【文學的】

 

この世には「謎の職業」というものがあります。

 

例えば、「CIAのエージェント」とか、めっちゃ謎すぎる。秘密諜報機関のイーサンとか、存在自体がミッションインポッシブルだね 。職業欄には、彼はいったいなんて書くのだろうか?う~む、「団体職員」とか?

 

そしてもっとも不思議なのは、「詩人」という存在。いったいどこからお金がもらえるのか、まったく謎だ。いやいや、これは職業なの?

 

英国の詩人ウィスタン・オーデンが、講演で詩人とは何か?を解説している『それをひとことでまとめてみると、詩人には世俗を超えた聖なるものを感じる感受性と、それを美しい儀式にして表現する能力が必要である。詩人に詩を書こうという衝動が起こるのは、想像力と聖なるものとの出会いからです』え~と…何いってんだか、分かりませんね。

 

この一般人の「理解を超えた存在を“詩人”と呼ぶ」のかもしれないね。シャバを超越した人類。うん、キットそうなのだ。

 

わたしに、いちばん「心に刺さった詩」があります。

 

イチバン好きな詩『さようなら』谷川俊太郎

 

「さようなら」

 

ぼくもう いかなきゃなんない
すぐ いかなきゃなんない
どこへいくのか わからないけど
さくらなみきの したをとおって
おおどおりを しんごうでわたって
いつもながめてるやまを めじるしに
ひとりでいかなきゃなんない
どうしてなのか しらないけど

 

f:id:minminzemi81:20190424135836j:plain

 

おかあさん ごめんなさい
おとうさんに やさしくしてあげて
ぼくすききらい いわずになんでもたべる
ほんもいまより たくさんよむとおもう
よるになったら ほしをみる
ひるはいろんなひとと はなしをする
そしてきっと いちばんすきなものをみつける
みつけたらたいせつにして しぬまでいきる
だからとおくにいても さびしくないよ
ぼくもう いかなきゃなんない

 

 

▷こちら矢野顕子さんの『さようなら』です。

youtu.be

 

谷川 俊太郎 たにかわ しゅんたろう、1931年12月15日~。

日本を代表する詩人であり翻訳、絵本、脚本家。東京都出身。作品は数多くの国々で、翻訳出版されている。いまや世界的な詩人となった。谷川は『詩というのは、書いた以上他人のもの』という。売詩により金銭を得るのはよしとはしないが、必要最低限の著作権を守り、生活のお金を得たいと考えている。それは「いい詩を書こう」とか「将来に残る詩を書こう」ということよりも先に「どうやって金を稼ぐか」が、大問題だった過去の経験から。一日一食を実践し、夜はセブンイレブンの「玄米ご飯のレトルトパック」を中心とした食事をする。詩はノート型のマックで、居間や書斎で書くという。「セブンの玄米ご飯🍚」をセレクトするあたり、さすが詩人である『一日に玄米四合と、味噌と少しの野菜を食べ』…という設定ですね。

 

(1100文字、thank you for reading.)

エッキチュファイル👽アブダクション&インプラント案件 【ファースト・コンタクト】

 

f:id:minminzemi81:20190822195017j:plain

六月は、雨だよ、長雨だね。ソラ雨が、ショボ降る。ツユの季節は、漢字で書いたら「梅の雨」だから。コロナも、もういい頃な。そして、気づいてみれば、もう六月もオワリだった…🐸Geko

f:id:minminzemi81:20190509152255j:plain

なんだか胸さわぎがしました
さて、先日のコトです。ふと気づいてみると、ワタシは何故か、光輝く宇宙船内にいたのです。そこでは、変な薬品の臭いもしました、きっとこれはエーテルです…

 (※エーテルは、アリストテレスが提唱した、宇宙を構成する「第五元素」のこと)

アブダクションインプラント案件』報告書

 

たしかにそこには、何らかの“大いなる存在”が船内を移動していたのですが、不思議なことに「まったく音が聴こえない」のです!

~オープニング🎶インサートBGM~

youtu.be

 

あぁ、そうだ。天井からは眩しい光が、射していましたかね。

 

やはり記憶がボヤけている。

 

 

それで、ガッチリした椅子に拘束されたワタシは、身動きすら出来ませんでした。冷たくて無慈悲な椅子…これには、まったく抵抗は出来なかった。

 

しばらくして。

 

 

突然、ゾクッとするイヤな気配を、背後に感じました。しかし、このあたりのことは、いまも記憶があやふやで、無理に思い出そうとすると頭の奥がズキン、ズキンと傷むのです。

 

これは、記憶を消されてしまったのかも知れません。

 

 

そう、それで、恐怖に耐えられず、うしろを振りかえってみると、そこには何と、顔を半透明シールドで覆い、白衣を着た宇宙人が立っていたのです。

 

背汗💦

 

 

そして、そいつはあろうことか、その手に奇妙な人体実験装置を持ち、トンデモな金属音を「ギィギュィィィィ~ン」と、出していました。

 

それは人間の神経細胞を、ずぞぞぞぞぉ~と、逆撫でにしてくる音なのですっ!!「キャァ~、怖わぁ~いっ!! 」でも、声が出ません…💧

 

コチラのHPを確実にガリゴリ削ってくる、恐怖の怪音が続きました。

 

もう失神寸前です、心臓は、バクバクです!

 

 

あぁ~絶体絶命の大ピンチ💦たまらず「あ、ぁ、チョ…」手を挙げました。すると突然、ヤツは「驚愕のひとこと」をワタシに告げたのですっ!!

 

 

 

インプラントしますぅ? 保険は、効きませんケド」

f:id:minminzemi81:20200606050051p:plain

宇宙人にインプラントされている所
『うちゅ~じん、もう嫌ぁぁぁ~!!(白目)

 

<本日の学習ポイント>

○どうやらインプラントは、保険が効かないらしい。
○それは高度な「宇宙医療技術」だからだそうです。

おにょれ宇宙人め、覚えとけよっ! 

 

(1000文字、have a nice day!)